3、美容整形の失敗について

美容整形を受けようとする際に大きな不安の種となるのが施術の失敗。とくに顔への手術に対して不安を抱える人が多いようです。美容整形の失敗については近年の目覚しい技術の進歩によって大きな問題とはならなくなっています。たとえばもっとも大きな不安が伴うと言われていた豊胸バッグ挿入による豊胸手術もバッグの品質向上によってかなり改善されています。

ただ、実際に失敗するケースは存在します。またクリニックとの間にトラブルが生じることも。こういったケースの問題点は美容整形そのものの安全性ではなく、クリニックの技術力や施術に対する姿勢が大きな問題になっていることの方が多いのです。いくら最先端の技術でも医師にそれを扱う技術と経験が伴っていなければ、失敗することもあるのです。豊胸バッグや鼻に挿入するプロテーゼの位置がずれてしまうといったケースが代表的な例です。

もうひとつは理想とは違った出来栄えになってしまうこと。美容整形はあくまで違和感なく仕上げるのがポイント。別人のようになってしまうといくらキレイになっても「おかしい」と感じてしまうものです。これは手術を受ける前の医師との意思疎通不足が原因でよく起こります。手術後にどういった顔になるのかをよく確認し、こちらの希望をしっかり伝えておくことが大事です。また、カウンセリングの際に患者の意見にしっかり耳を傾ける医師かどうかもチェックしておく必要があるでしょう。こうした点に注意し、信頼して受けられるクリニックを選ぶことが失敗しないための最大のポイントとなってきます。